【ここから個別ナビゲーション】

地球温暖化対策特別部会

【ここから本文】

打ち水の推進

打ち水は、誰でも手軽にできる日本古来の暑さ対策です。九都県市では、手軽にできるヒートアイランド対策である打ち水を推進しています。  

1 打ち水の作法

 3ステップでできる簡単なやり方を紹介します。

  1. 水を用意する  
    水の有効利用のためにも、前日のお風呂の水や雨水(二次利用水)を溜めておくといいでしょう。容器はバケツや洗面器でも、使い終わったペットボトルでもなんでも構いません。
  2. 水を撒く
    朝、夕が効果的です。ぜひ、ご家族やご近所の方と一緒に楽しみながら行ってください。
  3. 涼を得る
    撒いた水が周囲を冷やし、涼しい風が吹いてきます。暑い夏を快適に過ごしましょう!

2 打ち水イベント情報

九都県市では、企業・NPO団体等と連携して打ち水イベントに参画しています。  夏の暑さをやわらげる江戸時代からの日本の文化「打ち水」に参加して、涼しさを体感しましょう!  打ち水では、水道水を使わずに、雨水や再生水等を使用することをルールとし、節水にも取り組んでいます。
(参考:荒川水系・利根川水系のダム及び渇水に関する国土交通省HP

夏の打ち水イベント情報はこちらをご覧ください。  
 日本水フォーラム「打ち水大作戦2018」(九都県市後援)

このページの先頭へ

【ここからフッターエリア】